医院ブログ

2016.07.19更新

今回は肝臓の病気の一つである慢性肝炎について書かせていただきます。その前に、肝臓って、どこで診てもらえるのかって事を度々耳にしますが、如何でしょうか?肝臓内科とか、肝胆膵内科のように肝とつけば分かりますが、普通はクリニックや病院で消化器内科が肝臓病も担当しています。当院も例外ではありません。消化器というと、胃や腸といった『管』状臓器を意味しますが、位置として胃腸と近くお互いに血管などのつながりのみならず、栄養素の取り込みや合成では密接に連携しあっています。よって、広い意味での消化器系臓器にふくまれています。
話が脱線しました。慢性肝炎に戻ります。年単位から10年単位にわたって、ジワリジワリと肝臓の細胞が破壊され続けると、肝臓が硬く縮んで働きの鈍った状態である肝硬変になり、さらには肝臓がんが発生してしまうという一連の流れがあります。基本的には、肝臓は余力の十分ある臓器ですので、肝細胞がジワジワ破壊されていても(健診データでALT正常値30以下のところが40~せいぜい200位まで上昇しても)、症状は殆どでません。よって、定期的な健診を受けていないと、まず早期診断が成されず治療時期を逸してしまいます。20年前になりますが病院で当直をしていて、突然の激しい腹痛で救急搬送された患者さんが、実は肝臓がんの破裂(がんが自然に割れて、お腹の中に大量出血)と判明し、なんとか緊急カテーテル治療を行いその場は一命は取り留めました(半年後に肝不全で亡くなられました)。この患者さん本人は肝がん破裂するまで全く自覚症状もなく、健診なども受けておられなかったため肝臓が悪いとは露ほどにもご存知なかった事には正直驚きました。
とことで、慢性肝炎の原因として問題となっているのが、ウィルス性肝炎です。そのほとんどを占めるのは、B型肝炎(20%)とC型肝炎(70~80%)です。
今回はC型肝炎について述べさせていただきます。大方は血液を介して感染しますので、1989年以前(C型ウィルスの発見される前)の輸血、刺青や覚醒剤注射の回しうちなどによって感染されていることが多いとされていますが、中には全く感染経路がわからないケースもあります。基本的に感染力は弱く、食器や洗濯物、出産及び授乳、性行為等では感染することは少ない考えられています。
感染の心配のある方はお近くの医療機関や肝炎ウィルス健診(お近くの保健所や厚労省HP参照)にお問い合わせ下さい。実際の流れとしては血液検査でHCV抗体を測定し陽性反応を確認した後にさらに詳しい検査(ウィルス量やウィルス血清型などの血液検査、腹部エコー検査など)を追加し、現時点で治療が必要な状態かを判断されます。
治療法は、以前ではインターフェロン(IFN)を中心とした、いわゆる副作用の’しんどい’治療しかありませんでした。インフルエンザ的な高熱、鬱症状などが辛すぎて治療が最後まで完遂出来ず、ウィルスを撃退に至らないまま治療を中止しまったということが少なくありませんでし、IFN治療が生まれつき効きにくいといった方もおられれ、IFN治療には越えられない限界が存在していることが判ってきました。
それに代わって、この2ー3年前から登場したインターフェロンフリー治療(IFNを使用しない)治療法が登場しました。注射不要で内服のみで済みますし、IFNのしんどい副作用からは解放され、何よりIFN以上の高い効果が期待できるのです。高額な治療ですが、国の公費助成の対象にもなっており、3~6ヶ月間の治療期間での自己負担額上限は月額2万円(または1万円)です。
C型肝炎にお心当たりがあったり、以前から判っていてもなかなか治療に踏み出せなかった方は是非とも一度ご相談ください。
ちなみに公費助成の申請書は日本肝臓学会の専門医(小生も有します)にしか作成資格がありませんので、まずは医療機関にご確認ください。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.05.16更新

血圧のお話

新年度の始まりからはや1ヶ月少々が経過し、新年度の健康診断を受けられている方もおられるのではないかとおもいます。
とことで、’けんしん’には健診と検診がありますが、よく混同されています。前者は、健康であるか、病気のリスクがないかどうかをチェックする事に重点をおいています。特定の疾患を拾い上げることを主目的としていないのが前提です。それに対して後者は、種々のガン検診に代表されるように、特定の疾患の有無を拾い上げることが目的です。
健診で指摘される肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症(以前は高脂血症と呼ばれていました;血中コレステロールや中性脂肪が高い状態)等はこれらの病態が命に直結するというよりは、より深刻な合併症を発症し、それによって寿命を縮めるか、命は辛うじて救われても、回復困難な後遺症を残しかねないのです。特に、若い働き盛りの方々に合併症が起こった場合は、本人や家族の身体的・精神的負担のみならず、社会的な損失が重大となります。今回は健診の項目の中でもなじみの深い、高血圧について考えてみたいと思います。

1,日本人の高血圧
2010年の国民健康・栄養調査によると、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧(上→140以上叉は下→90以上)で、おおよそ4300万人と言われています。この数字を鵜呑みにしていいのかどうかは別としても、高血圧は我々日本人にとっては、全く他人事ではないことはご理解いただけるでしょう。
2,高血圧とは
特定の持病のない若年者では、収縮期(上)140mmHg以上かつ/または拡張期(下)90mmHg以上と定義されています。
3,合併症
高血圧そのものでも急激な上昇を来すと、頭痛やふらつきなどの症状が現れる事はありますが、多くの場合は無症状です。ですから、以下のような合併症が足音もなく近づいて、ある日突然牙をむく様が、’Silent Kller(静かなる殺人者)’と呼ばれるゆえんです。
①脳卒中
脳出血、くも膜下出血、脳梗塞
②心臓病
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全
③血管性疾患
大動脈解離、大動脈瘤(破裂)
最近の話題として、運転中に大動脈解離を発症し、運転者自身がほぼ即死状態で、コントロールを失った自動車が歩行者に突っ込み、多くの死傷者がでたというニュースは記憶に新しいところです。高血圧を元々お持ちであったにか、治療されていたのか等の情報は有りませんが、高血圧がこの様な突発的でかつ重篤な合併症の基礎疾患なり得ることは、単純に恐ろしいとしかいいようが有りません。
④腎臓病(腎硬化症、慢性腎不全)
血液のろ過(老廃物の処理)が悪くなることで、進行し尿毒症に至ると人工透析が必要となります。
⑤網膜出血
視力を失ってしまいます。
4,健診の意義、活用法
健診での血圧測定はほぼ一発勝負です(2回測定で平均値算出される場合もあります)。健診という非日常的状況のみでも、緊張しやすい方ではそれだけで血圧上昇します。ただ、そこで引っかかって、医療機関を受診する機会を得ることが重要なのです。何故なら、受診され一過性の血圧上昇と診断されれば、生活指導のみで様子観察と判断されるわけですし、高血圧の再現性が確認されれば早期の治療導入や更なる精密検査の追加が考慮されます。高血圧以外に肥満、糖尿病、資質異常症なども併存していれば、心血管疾患の発症の危険度が高くなり、早期の治療導入を要します。当院へも、30ー40歳代の方で、健診結果で高血圧を指摘され、受信指示に従って来院されています。ただ、お仕事が多忙なためか、こちらの説明不足のせいか、若い方ぼど受診が途中で止まってしまうケースが多いように感じられます。自覚症状もなく、危機感が薄いこともありますが、仕事の忙しさにかまけて、結局放置状態になると、不幸にも静かなる殺人者の餌食になってしまうケースもあるのです。
ですから、通院継続が必要な方には、我々医療者側が責任を持って、医療継続の必要性を訴え続けないといけないと胸に刻んでおります。殺人者(合併症)が牙をむくその前までに・・・

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.04.26更新

GW中の当院の診療は暦通りで、4/30(土)、5/2(月)は平常通り診療いたしておりますので、お間違いないようにご注意ください。尚、連休中に定期薬切れ等がないか、もう一度ご確認いただき、そのような場合は連休前にご来院いただきますよう、お願い申し上げます。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.03.12更新

今回は、胃がん検診に関してこの項で触れて頂きたいと思います。

ご承知のように、日本は歴史的に胃がんの罹患率及び死亡率が世界的に高く、そのための国家規模の事業としての、独自の検診が進められてきた経緯があります。
ところで、ここ最近、胃がん検診の方法が見直されようとしている潮流の変化をご存じでしょうか。従来、バリウム検査(正式には上部消化管X線造影検査)が主流でしたが、ここ数年、それに代わって内視鏡検査が採用される動きが見られています。特に、企業検診では地域検診よりもその傾向が顕著なようです。

では、長年にわたり重用されてきたバリウム検査での胃がん検診は何故、見直されようとしているのでしょうか。それは、胃(というより咽頭~食道~胃~十二指腸)の検査法として、内視鏡検査(胃カメラ)が広く普及してきたということと無関係ではない筈です。バリウム検査では、流れてきたバリウムが他の部分より深く濃く溜まれば、潰瘍などのキズないしは窪みを意味し、逆に周囲より明瞭なバリウムのはじきが生じておれば、ポリープなどの隆起性の変化として読み取れます。しかしながら、病変の高低が明瞭ではない場合、つまり限りなく平坦な変化であった場合は、病変の指摘は困難となります。さらには、内視鏡で、単に発赤(粘膜の赤み)や褪色(周囲より白っぽく色が抜けた状態;比較的悪性度の高いがんのことがあります)に対するバリウム検査での病変指摘は理屈からいうと、ほぼ不可能となります。

では、従来の胃のバリウム検査はもはや無意味なのでしょうか。
確かに、内視鏡検査と対比すると、上述してきましたいうに細部の観察においては僅かな変化の指摘は困難な場合があったり、放射線被爆が有りますので妊娠されている方は検査そのものが出来ませんし、そもそもバリウム自体飲みやすいものではない上に、検査後下剤を飲まないと便秘や下手をすると腸閉塞になりかねないといった、リスクをも生じかねません。しかし、バリウム検査では、微細な変化は捉えにくくても、胃から食道へのバリウムの逆流により《食道裂孔ヘルニア・胃食道逆流症》、胃粘膜のざらつき(専門的にはアレアの粗造などと表現されます)や皺の太まり・蛇行により《慢性萎縮性胃炎》が診断されます。さらには、内視鏡検査でも確定診断が困難な場合もある、いわゆるスキルス胃がんの胃壁の進展具合の悪さの指摘はバリウム検査の方が一目瞭然ということも有ります。もともと、内視鏡は細径化したとはいえ、液体のバリウムとは比較にならないくらい喉触りは良いものではなく、内視鏡にハードルの高さを感じておられる方には、一次検診としては比較的受け入れやすい方法論としての地位は揺るがないように思われます。
内視鏡検査の高画質化(更には特殊光観察、拡大観察等の併用)は検査の精度を高め、スコープの細径化や経鼻挿入は受診者の忍容性を向上させ、益々内視鏡検査の必要性は増すものと思います。一方で、胃検査の敷居を下げる役目もあるバリウム検査は胃がん検診から消えてゆく存在になるのではなく、内視鏡検査と並列で選択可能なオプションとして、また50年以上もこの国の胃がん検診を支えてきた歴史ある検査手法として、存続されることを個人的には望みます。はじめから内視鏡は嫌だけど、一次のバリウムで引っかかったから、二次では意を決して内視鏡検査を受けようか、というのもアリだと思うのですが。如何でしょうか。
追伸
とはいうものの、残念ながら当院もバリウム検査の設備はなく、専ら内視鏡検査一辺倒ですので、説得力が無いことをお詫びいたします。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.03.07更新

当院では現在、一緒に働いて頂ける看護スタッフを募集しております。当院は一般内科診療に加え、消化器内視鏡検査を行っておりますが、看護師(及び准看護師)の方で、いままで内視鏡診療が未経験の場合でも、心配ご無用です。ご興味のある方は、是非一度下記までお問い合わせお願いいたします。

090-1954-7884(人事担当 谷口)

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.02.08更新

この冬の例年にない異常ともいうべき暖かさもあってか、いわゆるカゼ(感冒又は上気道炎)やインフルエンザの流行がなく、このまま平穏に春が訪れるのかとも思われていました。が、1月中旬以降からの強烈な寒波の到来により、それまでの暖かさに慣れてしまった身体は、年末年始の不摂生?とのダブルアタックで、ここにきて体調を崩される方が増えてきています。1月下旬からは門真市内の小学校からも続々とインフルエンザによる学級閉鎖の報告が届いております。

2月に入ってからは当院でも、インフルと診断した方々をお見受けするようになっております。大人のインフルの場合、カゼ症状(咳、のどの痛み、鼻水)と高熱のほかに、筋肉痛や関節痛、さらには単なるカゼではみられない強い倦怠感や疲弊状態が特徴的です。つまり、インフルでは気道の炎症に留まらず、全身症状が目立ちます。これは、インフル感染ではサイトカインという体内物資が大量に放出され、その結果として上記の全身症状を引き起こすとされています。少し話が脱線しますが、肝炎の治療薬であるインターフェロンはそのサイトカインの代表格ですので、インターフェロンの注射の度に、程度の差こそあれ、毎回インフルの症状が再現されるというのは、患者さんにとって、何より辛いものであるといえます。

まーそれはさておき、インフルと診断された場合の治療に関してですが、まずは安静と十分な水分補給です。体力保持の為にも無理して普段と同じように食べようとされる方もありますが、先ずは水分を少量頻回にとることが肝心です。水(白湯)、カフェインのすくないお茶、糖尿病の心配がなければスポーツ飲料等を枕元において、目覚めたときにこまめに補給すべきです。食事は解熱して身体が少し軽くなり、空腹感がでてからでも遅くありません。また、汗をかいたら、その都度濡れた衣類は着替えましょう!!
薬は、抗ウィルス薬の使用の有無も含めて、お掛かりの医療機関でご相談ください。今では、タミフル耐性インフルにも効果があり、服用も1回の吸入ですむラニナミビル(イナビル)が汎用される傾向です。

《補遺》 典型的なカゼ症状とは、のどの痛み、咳、鼻水がほぼ同時進行する病態を指しますが、ほかの症状が良くなっても咳だけが長く残ってしまう事があります。このよう中には、気管支喘息のプレ病態とでもいうべき咳喘息(せきぜんそく)、最近大人でも小流行の兆しのある百日咳やマイコプラズマ感染症等のこともあり、2-3週間以上も頑固な咳が続く場合は、医療機関でご相談ください。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2015.12.21更新

第2回目は、つい先日も健康テレビ番組で取り上げられたばっかりで、 既に日本人にもすっかりお馴染みとなりつつある、通称’ピロリ 菌’のお話です。正式名は、Helicobacter pylori(ヘリコバクター・ピロリ)といいます。ピロリ菌という、呼び名は、番組中で出演者さんにも指摘されているように、どこか憎めない、脱力系というか、ゆるキャラみたいな響きを持ち、この感染症の怖さをスケールダウンしているかもしれませんねー。日本人は昔から、胃(及び十二指腸)の病気が多いということが周知の事実です。その理由しては、生活習慣として塩分の過剰摂取、遺伝的な背景など が推測されていました。誰も、pH 2などという強烈な胃酸が降り注ぐ環境になんて、 菌が住める訳 ないと思い込んでいました。ところが、今から30年以上前に、 2人の豪州人によってピロリ菌は 発見され、現在では、胃への感染が、慢性萎縮性胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃がん、 胃悪性リンパ腫などのいわゆる胃病のみならず本態性血小板減少性紫斑病や鉄欠乏性貧血などの胃腸以外の病気の発症にも深く関わっていることが明らかとなっています。ただ、番組内でピロリ菌が放出する物質が動脈硬化を進める可能性・・といった部分にも触れていましたが、10年以上前にもその関連を調査した論文がチラホラ見られたものの、それに反対する意見も多く、ナンデモカンデモ、ピロリのせいと言うわけではありません。関連が強いといわれる胃がんは誰しも避けたい訳ですから、ピロリ感染と慢性萎縮性胃炎が明らかとなれば、除菌治療と称したピロリ排除が必要となります。しかし、除菌は薬の効き目に個人差がでて失敗する事もあれば、副作用がでることもあります。更に、頻度は少ないものの折角除菌しても胃がんになってしまうことも有りますので、除菌が万能治療と言うわけではなく、そういう意味では除菌後でも定期的な検査は重要と思います。特に除菌後胃がんの報告は最近増えており、除菌前胃がん(胃の奥の方にできやすく、赤っぽく、隆起型が多い)とくらべて、除菌後では胃の上の方にできやすく、見た目も白っぽく、平坦型が多いという特徴が判ってきました。この特徴からすると、なかなか見つけにくい性質ともいえ、内視鏡医はより慎重な観察が必要となります。まー、それはさておき、皆さんの中でピロリ菌のことこも、胃のこともお調べになったこともない方は、一度検査されてもいいかもしれませんね。なかでも、自分は今まで胃の調子が悪くなったためしがない、とご自慢の方もご注意ください。沢山の胃粘膜を拝見してまいりましたが、慢性萎縮性胃炎の結構進んだ方って、無症状のことが以外に多い様に思います。私見ですが、萎縮性変化の進行とともに胃粘膜を刺激(攻撃)する胃酸分泌が低下していることに加え、粘膜は大量の粘液に覆われ、痛みなどを感じにくくなっているのでしょうか? ですから、無症状≠健康とは皮肉なものだと思います。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2015.12.07更新

今年も早いもので、師走の声を聴いて2週目に突入いたしました。年末年始の当院の診療日・診療時間のご案内です。12月28日(月)は勝手ながら、午前の診療のみとさせて頂き、1月3日までは休診とさせていただきます。1月4日より通常診療させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2015.11.28更新

このHPで皆様の体調に関する(?)を出来るだけ分かり易くご説明するコーナーです。第1回目は、お通じ(排便)のお話です。お食事中の方ご免なさい(^_^;)。
 お通じは1回/が理想とお考えの方が多いこととおもいますが、如何でしょうか?・・・実は、正常とされる範囲には少し幅があります。それは『3の法則』と呼ばれています。つまり、排便回数は多くて3回/日~少なくても3回/週は正常範囲としましょう、というものです。お通じのおおもとは、3度の食事です。毎日、毎食メニューも様々ですし、その処理にあたる胃腸のコンディシィンも決して一定ではありません。これが、お通じの固さ(水分量)、回数などに影響していますので、きっちり1回/日でなくても良いわけです。ただし、3の法則に当てはまっていても、1いなくても、最近のお通じがいつもと違うぞ、というときは、何かのサインかも知れません。たとえは、渋り腹と言われるように急激な痛みを伴うような強い便意が起こりやすいとか、何やら血液や粘液(時にゼリー状の付着物)が混ざったり、便の太さが以前より明らかに細くなっているという場合は、腸内の何らかの変化(炎症やできもの)のサインかも知れません。当然ながら、以前と比べて、長期に下痢が続いたり、便秘がどんどんひどくなるといった変化も、腸内の変化のあらわれである可能性があります。特に、下痢が2週間(~3週間)以上続くような場合は、放置してみ自然に治ってしまう一般的な病原菌の感染による腸炎というよりは、”特殊型”の腸炎を疑う場合(潰瘍性大腸炎、クローン病、アメーバ赤痢など)もあり、お独りで悩まれず、ご相談ください。便秘に関しては、通常は不規則な生活習慣(食物繊維不足、飲水不足、運動不足、睡眠不足、ストレス過多)や便意のある時にトイレに行けないなどが高じての習慣性便秘が多いように思いますが、今までと変わらない規則的な生活習慣にもかかわらず、便秘が顕著になっている場合は、便の通過を邪魔する何か(時に腫瘍)が潜む場合があり、要注意です。お通じは、ある意味で我々の消化管の健康を写す鏡の様な存在でもありますので、お出ましの際はさっさと流してしまわずに、よくよく観察してみてくださいね。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2015.11.09更新

11月より、各種検診(特定健診、後期高齢者検診、肺がん検診、大腸がん検診)を始めております。

予約にて行っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

前へ 前へ