医院ブログ

2017.06.20更新

 このHP内に当院提携の駐車場の場所をお示ししておりますが、先月下旬より、当院の入居のビル(古川橋メディカルプラザ)の正面玄関内に4台分の駐車スペースが確保されました。こちらにお停めになってのご来院の際は、駐車後に駐車証明書を発券いただき、当院受付までお出しください。1時間の割引券をお渡しいたします。玄関先に空きがない場合は、従来通りでタイムズ古川橋東Pにお停めください(こちらも割引券をお渡しします)。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2017.05.16更新

 新年度がスタートし、既に一月半が経過しましたが、仕事場や学校叉は自治体の健診が既に始まっている頃かと思います。一般的な内科系健診の場合の内容としては、身体測定(身長、体重、腹囲)、血圧測定、検尿、血液検査、心電図等になります。健診の意義としては、普段、定期的に医療機関に掛かっていないか、掛かっていてもごく限られた分野のみが対象の場合、ちょっとした体調の変化を早期に拾い上げ、大病を未然に防いだり、早期に治療導入に結びつくことが期待されます。
中でも、指摘されることの多い項目としては、肥満、高血圧、脂質異常、肝機能異常、高尿酸血症、高血糖叉は糖尿病が多いと思います。
 以前、このコラムでも書きましたが、高血圧は’サイレントキラー’と呼ばれ、血管の老化を促進し、心筋梗塞、大動脈解離、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血等の重大な病気を引き起こす大元になるものの、多くの場合は無症状の為に放置されがちです。特に50歳代以下の若い方では、健診直後は勤務先や家族に促され真面目に通院されても、お薬などで一旦血圧が安定してしまうと、多くの場合受診を中断され、元の木阿弥になってしまうことが少なくありません。つまり、元々高血圧の症状がなく、一旦血圧が正常化することで、更なる通院の動機が無くなってしまうのではないでしょうか。若い方では日々の生活に追われ、痛くも痒くもない病態に関わってられないと言う事が本音ではないでしょうか。無治療又は治療中止で再び放置され、突前に心臓発作(多くは急性心筋梗塞)や脳卒中などを発症され、最悪そのまま帰らぬ人に、というケースも少なくありません。
 また、最近指摘さることが多いものに、肝機能障害があります。AST、ALT値の上昇が指摘されますが、多くの場合、脂肪肝の関与の比率が多いように思われます。脂肪肝という病名は肝臓病のなかでも比較的軽症な病態の響きを持っているようにお感じなると思いますが、時に肝硬変や肝臓がんにも発展する場合もあり、侮れないことをご了解ください。
 いずれにせよ、大事なことは、せっかく健診で指摘された項目については、放置しないこと、受診された場合はどこが、どの程度問題でありるのか、その活習慣の改善や治療に関して何が必要であるのかを、担当医から納得できるまで説明を受けていただき、問題点の解決に努めていただきたいと考えます。

 

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2017.01.31更新

当院では、29年2月より、内視鏡検査(胃カメラ、大腸内視鏡)の検査枠を従来の午前のみから、午後4時以降にも新たに設けることとなりました。
内視鏡検査をご希望でも、時間の都合がつかずなかなか受けられないといった方は一度ご検討ください。特に、胃痛、腹痛、腹部膨満感、嘔気(嘔吐)、食欲低下、体重減少、便通異常(便秘、下痢、血便、黒色便)を自覚しておられたり、胃がん検診や大腸がん検診で精密検査を指示されているものの、結局受けられずじまいの場合などは早めの検査をお勧めいたします。
夕方の検査をご希望の場合は、診察時にお申し出ください。検査をお受けいただく上での条件は以下の通りです。
1、 上部消化管内視鏡(胃カメラ)
朝食は8時までに消化の良いものをおとりください。昼食はとらないでください。
水分(水、お茶、スポーツドリンク)は15時まではお飲みください。
2、 大腸内視鏡検査
朝食は8時までに消化の良いものをおとりください。昼食はとらないでください
検査前の下剤は13時から飲み始めていただきます。
水分(水、お茶、スポーツドリンク)は検査直前までしっかりと御飲みください。
*夕方の検査ではお帰りの際に御足もとが暗い場合があり、検査中に鎮静剤や鎮痛剤を使用すると、転倒や事故などの危険が高くなる事が考慮されますの、これらの薬剤の使用に関しては付き添いの方とのご一緒の帰宅を条件とさせて頂きます。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2017.01.07更新

今回は、近頃、有名人の発病を伝えるニュースなどで伝えられることもある、急性膵炎について述べさせていただきます。
その前に、膵臓って、身体のどの辺りにあって、どんな働きをしているのかご存知でしょうか?
場所(部位)は胃の奥(背中側)で、上腹部の正中より少し左寄りに位置し、マイクのような横長の形状をしています。
働きは、大きく分けて二つ。①〔外分泌機能〕食べ物の消化に欠かせない消化酵素(アミラーゼ、リパーゼ、トリプシン等)を作り、それらを膵管という管から小腸へ流し、文字通り栄養素の消化に一役買っています。②〔内分泌機能〕インスリンやグルカゴンといったホルモンを出して、血糖値をコントロールしています。これが狂うと、ご存知糖尿病を発症します。
急性膵炎の原因はこの働きの①に関連があります。この時期お酒のおつきあいも多いため、ついつい飲み過ぎがちで、この過剰飲酒が引き金となることが多いのです。通常、膵臓の中にある消化酵素は膵臓から十二指腸へ排出されてはじめて、酵素が活性化して、食物の中の栄養素を分解しますが、過度な飲酒刺激は膵内での消化酵素を活発化させます。いわゆる、膵臓の自己消化叉は自己融解という、自傷(自殺)行為が急激な経過で進行していくのが急性膵炎です。飲酒以外の原因では、胆石や特殊な内視鏡検査などにより膵液の流れがせき止められるなどして発症します。
症状は、持続する強い上腹部痛や背部痛、腸の麻痺を伴うと吐き気や嘔吐も見られます。加えて発熱したり、重症化すると急性腎不全や呼吸不全を伴ったり、DICといって血液が異常に固まったり逆に出血が止まりににくくなったりする全身に及ぶ障害を生じることがあり、大変危険です。この様な状況に対して、根本的な膵炎の治療方法はなく、あくまで、点滴などで水分補給をしたり、二次感染に対処する目的で抗菌剤を投与したりする対症療法を行い、自然回復を後押しする事くらいしか出来ません。
ですから、なってから治す事よりは、ならないようにする方が肝腎で、なかでも心がけておきたいのが、アルコールを飲み過ぎないようにする意識です。普段、飲みつけなない人がたまの宴席などで多量飲酒して発症すると言うよりは、常日頃から一定量の飲酒(ビール1.5l叉は日本酒3合弱以上)をしている方が、普段以上に飲酒した際に発症されている事が多いので、このような飲酒習慣のある方は要注意です。ついでに、高トリグリセライド血症(血中の中性脂肪が高値)も単独でも膵炎の原因となり、飲酒せずとも遺伝や生活習慣で中性脂肪が増えすぎて、膵炎を発症する場合もありますので、飲酒によりさらに中性脂肪も異常高値となり、より膵炎が発症しやすい状況となりうる場合もあります。このことからも飲酒量は控え目にして、食事では動物性脂肪をとり過ぎず、適度な運動を継続して行うことが中性脂肪の上昇を抑えるために重要です。ただし、ご自分の努力だけではなかなか中性脂肪が下がりにくい場合は投薬も治療の選択肢の一つとなります。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.12.14更新

当院では本年10月中旬より進めておりましたインフルエンザワクチンが若干のご予約分を除いて終了いたしておりましたが、本日追加 のワクチンが入荷いたしました。ただし、数に限りがございますので、ご希望の方は予めお電話でお問い合わせください。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.12.05更新

 12月は28日午前まで診療(28日午後より1月3日まで休診)させていただき、1月4日より通常診療となります。お間違えの無いようにお願いします。今一度、普段の定期薬の残数などをご確認いただき、休診期間中に不足の恐れがある場合、早めのご来院をお願いいたします。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.11.15更新

11月第2週より、当院のHP(ホームページ)をリニューアルいたしました。以前にも増して、ご来院くださる患者様やHPを御覧の方々に少しでも有益な情報をお伝えできるよう努力する所存ですので、何卒今後ともよろしくお願い申し上げます。
遅くなりましたが、10月22日の古川橋メディカルプラザの開業1周年記念イベントには多数お集まりいただき御礼いたします。HPリニューアルのゴタゴタで皆様への御礼が遅くなり失礼いたしました。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.10.15更新

10月15日より当院ではインフルエンザワクチンの接種を開始いたしました。

普段健康に過ごされている方でも発症しますと、一定期間の休業を余儀なくされ、日常生活に支障を来しますので流行を迎える前にワクチンによる予防をお勧めいたします。

ご高齢の方、抵抗力の低下している方(癌などの治療中、不安定な糖尿病を患っておられる)、慢性の呼吸器疾患(喘息や肺気腫)等をお持ちの方は重症化が懸念されますので是非ともお受けください。場合によっては2回接種もご検討ください。大事を控える受験生も2回接種を考慮されても良いケースと思います。

*2回接種の場合の間隔は通常4週程度が推奨されています。

費用は13歳未満の方 ¥2.700、満13~64歳の方 \3.300、満65歳以上の方は¥1.000です。詳しくはお電話(06-6115-5086)でもお問い合わせてください。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.09.21更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

2016.09.12更新

がん検診の中でも、『大腸がん検診』はコストや手間も少なく(便を容器に採取するという行為に抵抗のある方はおられるでしょうが・・)、比較的ハードルが低い検診のひとつかもしれません。がん検診の趣旨としては、参加するハードルを下げで、多くの受診者を得て、がんの早期発見と早期治療導入に結び付けることで最終的には対象となるがんの生存率、治癒率を向上されるものだと思います。

その観点からすると、大腸がん検診は他のがん検診と比べると、自宅で検体を採取でき、場合によるとポストへ入れて結果を待てばよいので、ラクチンな検診といってもよいですね。

ただし、その結果に対する判断にはややもすると、落とし穴があるかもしれません。というのは、大腸がん検診で検出されるのは、がん細胞の存在ではなく、微量の出血反応(ヒトヘモグロビン)であるということです。どういうことかと申しますと、‘がん’が大腸内にできると、腸の中を進んでくる便塊が、正常の大腸粘膜よりはるかに脆く出血しやすい‘がん’の表面と接触することで、にじみ出た血液が便の中に絡み混入し、この便中の微量出血を検出しようというものです。よって、陽性反応のあった場合は、精密検査として大腸内視鏡検査をお勧めすることになります。ただ、ここでお気づきの方も多いと思いますが、出血イコール‘がん’の徴候というのは、オーバーであるということです。がんにまで進んでいなくても良性のポリープ、さらには腸炎、痔、異常血管からの出血などといったいわゆる良性疾患でも、便潜血反応が陽性になります。よって、大腸がん検診でひっかかって要精査と判定されたといっても、直ちにがんと判定されたわけではなく、「なんらかの出血原因を念のため調べておきましょう」という程度のニュアンスとご理解ください。便潜血検査で陽性の方が実際に内視鏡検査などでがんと確定診断されるのは2%程度と言われていますが、がんより悪性度の低いポリープまで広げると、便潜血陽性の方の半分程度で発見されると言われています。ですから、初めて便検査で陽性と指摘された方は、念のため精密検査をご検討ください。

一方、陰性との判定の場合、ほっと胸をなでおろされることとおもいますが、ポリープや早期がんが存在しても陰性である場合があります。であれば、便潜血の結果は全く信用できないのではと思われるかもしれませんし、初めから全員に内視鏡検査を勧めるべきという議論もありますが、これは精密検査(内視鏡検査)を実施する側のキャパシティの問題もあり、便の潜血反応をもって一定の線引きを行っているのです。ですから、腹部症状や便通異常がある(急に便秘傾向になっている、便は出るが細く少しづつしか出ない、排便前に急に差し込むような腹痛があり排便後に症状が良くなる、便秘と下痢を繰り返す、明らかな肉眼的な血便がある、便に粘液が混じることがある、便やガスのにおいが腐敗臭の様など)、大腸腫瘍の病歴又は家族歴がある等といった場合は、便潜血反応の結果の如何にかかわらず、精密検査を考慮いただく必要があるということです。

 大腸内視鏡検査

精密検査の方法は、精度からすると大腸内視鏡検査がもっとも勧められますが、やはり羞恥心や人づてに聞く‘苦しい検査’というイメージから、内視鏡検査は敬遠されがちです。長年、大腸内視鏡検査に携わってきましたが、受けられる方の苦しさやしんどいという声はゼロにはなりません。検査医の技量もさることながら、受けられる方の体型、手術歴(腸管癒着の有無)、大腸の緊張度(個人差があります)、大腸憩室の有無などにより、検査中の苦痛・違和感は個々によって、また同じ方でもその日の体調によっても変わることもあります。緊張感で腹筋に力が入りすぎても、スコープがスムーズに進んでいかないこともあり、適宜鎮静剤や鎮痛剤を使用しリラックスしていただく方が、比較的楽に受けていただけることが多いとは思います。ただし、これらの薬剤の副作用で呼吸が浅くなったり、血圧が下がることもあり、検査後もしばらく頭がボーとしてふらついたりすることもありますので、これらの薬剤を希望の方は可能な限り付き添いの方との同行頂くようにお願いいたします。

検査の準備(前処置)も施設ごとに少しづつ違いがあり、当院では前日夕まで普通に生活して頂き(前日の食事は消化の良いものを指導)、特殊な下剤を検査当日の検査開始4時間前(遅くても2時間前)から飲んで頂き、腸の中をきれいに掃除します。元々、便秘気味の方は検査の2-3日前から軽めの下剤を併用して検査に臨んでいただくと、当日の検査までの流れがスムーズに運びます。

 大腸腫瘍(大腸ポリープ、大腸癌など)の診断と治療

大腸の腫瘍はキノコみたいなポリープもあれば、わずかな粘膜の赤みで発見される平坦なもの、隆起が高く凸凹していて深い潰瘍を伴う一見してそれとわかる進行癌まで形態は様々です。大型のポリープの場合はやはり悪性度が高いことが多いですが、小型(10㎜以下)では良性がほとんどです。但し、良性の中でも全く心配のないもの(将来的に癌になる可能性がほとんどなく、治療不要)と、予防的な切除も考慮すべきもの(将来的がん化する可能性もあるもの)に分かれます。これば、通常の内視鏡の観察で判別することもできることもあれば、当院でも行っております拡大観察(顕微鏡のように拡大して腫瘍の表面構造を観察する)ことにより、より正確に悪性度を判別しております。従来はイチイチ腫瘍の一部かじりとって一旦腫瘍の悪性度を病理検査で判定して、別の機会に再度内視鏡を挿入し病変を切除しておりました。この場合、二度手間になるばかりか5㎜以下の小病変の場合、二度目の内視鏡の際に前回指摘の病変がなかなか見つからないこともあります。小病変の場合は襞の隙間に隠れてしまいやすいことや、生検で病変が小さくなりすぎて視認できなくなってしまう等の理由に因ります。よって、小さい病変ほど初回検査時に切除必要と診断できれば、その場で切除するに限りますので、当院でもできる限りその方針のもと、対処するようにしております。ただ、10㎜を超える大型のポリープの場合は、合併症の観点などから、より安全で確実な切除を行うため、提携病院での治療をお勧めしております。大腸癌のリスクを下げるために、一旦ポリープの無い状態(clean colon)を目指すというのが最近の考え方です。

投稿者: 内科・消化器内科 杉本クリニック

前へ 前へ